女性作業員

液状化対策をして建物の崩壊を防ぐ|災害に強い建物づくり

きちんとした調査が必要

工事現場

私たちが普段歩いている地面は固いことが当たり前だと認識している人も沢山います。しかし、実際に調査することによって、その当たり前の認識が間違っていることがわかるのです。そのため、建築を行う上では、きちんと調査と地盤改良を行うことが大切となります。

Read More

業者によるサービス事情

2人の女の人

地盤沈下を防ぐためには、地盤の強度を上げるために地盤改良を行う必要があります。地盤改良を行うためには、業者へ依頼するのが一般的です。そのため、現在では多くの業者で様々なサービスが行われています。

Read More

自分に合った業者を探す

工事現場

さく井工事は、井戸を掘るための工事の事を指します。さく井工事を行う際には、業者へ依頼するのが良いでしょう。依頼する際にも、目的に合った業者を見つけることが重要となります。

Read More

依頼方法と費用について

男性作業員

適切な工法を選択する方法

地盤改良工事の流れは以下の通りです。まずは地盤の調査及び解析が必要です。その調査結果を基に、地耐力や土質を解析、工事の必要があるかどうかを判断します。そして、必要に応じて地盤改良工事を行います。工事が必要になった場合、可能であれば複数の業者に見積もりを取ると良いでしょう。工事の内容や料金について、比較検討することができます。又、地盤改良を契約する際は、万一の事態に備えるため、地盤保証会社の保険に加入することができます。地盤保証保険とは、地盤改良会社が行った工事の瑕疵が原因で建物が損壊してしまった場合、その地盤と建物を修復する工事を保証するものです。

各工法別の、地盤改良費用の相場

地盤改良には、代表的な3つの工法があり、軟弱地盤の深さによって使い分けます。工法の種類及びその内容と、20坪あたりの費用相場は以下の通りです。軟弱地盤が2メートル以下の場合は、表土と凝固剤を混ぜて固める表層改良工法を選択します。その料金相場は40〜50万円程度です。軟弱地盤が2〜5メートル程度の場合は、地中に柱状の穴を穿ちながらセメントミルクを流し込んでコンクリート柱を作る柱状改良工法を行います。相場は80〜100万円程度です。そして、軟弱地盤が6メートル以上の場合は、地中に鋼製の杭を打ち込む鋼管杭工法を行います。相場は110〜150万円程度となります。いずれの場合も、その土地に合った地盤改良を行うため、適切な調査を行うことが重要です。

安全な建物を建てるために大切なこと

建物を建てる上では、安全を確保するためにきちんとした調査を行うことが大切となります。現代の日本では地震も起こりやすいとされており、地震によって液状化する場合もあるのです。そのため、地盤改良を行うと共に液状化対策を行うようにしましょう。きちんと液状化対策を行っておくことで、地震が来ても建物を守ることができます。